お誕生日会(はるひ野園)

お誕生日会 in はるひ野園舎

2018.9.11

運動会練習真っ只中の9月、ほっと一息ついて9月のお誕生日会が行われました。運動会で頑張りたいことをインタビューで聞かれ「かけっこを頑張りたい。一位になりたい。」と多くの子が答えました。「組体操を頑張りたい!」と答えてくれたミドル(年中)さんもいました。みんな、運動会への意気込みは十分です。お楽しみ会では、シニア(年長)さんは、かけっこをしている姿、ミドル(年中)さんは三点倒立をしている姿を描き、ジュニア(年少)さんは玉入れをしている塗り絵、セミジュニア(年少少)さんは旗のぬり絵をして、運動会の様子の壁面を作りまた!練習でつらい時もあるかもしれないですが、友達と手を取り合い励まし合いがら乗り越え本番で力を出しきって、素敵な運動会を迎えて欲しいと思います!

広告

お誕生日会(はるひ野園)

お誕生日会 in  はるひ野園舎
夏休みが終わり2学期がスタートしました。久しぶりのお友だちと8月のお誕生日会が行われました。しばらく会わなかったお友だちにお祝いをしてもらい嬉しそうなお誕生日の子どもたち。インタビューでは夏休みの思い出を答えました。その後は体育館に移動して、全員で輪を作りドラえもん音頭を踊りました!お祭り気分を味わいながら楽しく踊りました。これから、運動会の練習一色になります。この仲間で励まし合いながら乗り気って欲しいと思います!!

東京ジュニア体操競技大会

2018.8.12 東京ジュニア体操競技選手権大会が北区の滝野川体育館 にて行われました。

この大会で、上位6位入賞すると、3月に行われる全国大会の出場資格が得られます。

今年もバディ体操クラブから、多数の選手が入賞を目指し、演技に臨みました。 日頃の練習の成果を存分に発揮した選手も、細かなミスが目立った選手もありましたが、一人一人が精一杯最高の演技を行い、最後まで頑張りました。

その結果、以下1名が見事全国大会への出場資格を獲得しました。

・平出 類(ひらいで るい)君/5年生→5位入賞

3月末に開催される大会を目指し、今後も更に練習に励んでもらいたいと思います! 皆様の応援、何卒宜しくお願い致します。

その他の入賞者

【ジュニアⅠの部】

・平出 類

個人総合 5位

鞍馬 3位

跳馬 6位

鉄棒 5位

・米川 恵介

床 4位

鞍馬 6位

・竹内 悠祐

跳馬 5位

・ファレル 海 ジェイソン

床 3位

・佐川 莉花

平均台 5位

【チャイルドの部(1~3年生)】

・永野 龍史

床 1位

・諸墨 凛太朗

床 3位

跳び箱 4位

・西村 勇輝

床 6位

・新野 竜兜

床 5位

・小林 千織

床 6位

跳び箱 6位

みんなよく頑張りました!

サマーキャンプ(小学生)

サマーキャンプ(小学生) in 新潟県

2018.7.28~30

台風12号の影響で開催が心配された小学生のサマーキャンプですが、無事に行うことができました。2日間テント泊の予定が、初日は念のため仲山の体育館で宿泊となりました。川遊び、サマースキーも残念ながら行なうことはできませんでしたが、その代わりに「木のキーホルダー」・「木のマグネット」や「石のペンダント」の製作を楽しみ、お家に持って帰るお土産をつくることができました。ゴルフ・魚のつかみ取り・フォレストアドベンチャーは思いっきり堪能し、終始笑顔の子どもたち。1日目の夜は、みんなでホタルを探しにいきました。懐中電灯を手に、暗くなった夜道を歩き目的地まで到着。みんなの電気を消すと・・・。ホタルの柔らかい光が付いたり、消えたり。沢山の蛍が出迎えてくれました。また、飯盒炊飯を使い、火を起こしてお米を炊いたり、牛乳パックとアルミホイル・新聞紙を使って朝食のホットドッグを作ったり、おにぎりを握ったり、家ではなかなかできない経験ができ、子ども達にとってドキドキ・ワクワクの連続でした。最終日のクロスカントリーでは「これから走るぞー」と言われ、「えーー!」となった子ども達でしたが、実際は宝探しゲーム!隠されたカードを探し、全部集めた子から賞品がもらえました。カバンやTシャツ、カルタなどの豪華賞品をもらえた子も!!帰ってきた子ども達の第一声は「楽しかったー!」でした。夏休みはじめに楽しい良い思い出ができたのではないでしょうか。

サマーキャンプ(山中湖)

いよいよ、シニア(年長)・ミドル(年中)・セミジュニア(年少々)のサマーキャンプがスタートしました!“よーし頑張るぞ!” “ドキドキ・ワクワク” “パパ、ママいなくて淋しいなぁ”と様々な気持ちを持ちながら、お家の方に「行ってきます!」。バスに乗り込みました。

1日目

シニア
朝からとっても楽しみにしてきた子どもたちは元気に挨拶をしてバスで石割山へ。想像より403段の階段はつらく、歯を食いしばりながら頑張り全員が最後まで自分の力をで登りきりました!登りきったあとはみんなで万歳をし、子どもたちも達成感で満ち溢れていました。その後は道の駅でお家の方が作ってくれた、お昼ご飯を食べ洞窟探検へ。身支度も自分達ですべて行い、1年前に比べ成長した姿も見られました。楽しみにしていた洞窟探検。みんな目をキラキラさせながら、「氷があった!」「キラキラしてる!」などと言いながら、探検をしました!出てくると「寒かったね〜でも綺麗だったね」と感想をお友達と共有していました。

ミドル
観光バスで富士四湖巡りをしました。河口湖の大池公園で昼食をとり、その後は明日の為に体力温存。湖のほとりでのんびりと遊びました。宿に帰ってから身の回りの事を自分達でしっかり行い、雲から現れた富士山をみんなで見ることができました。「明日、シニアさんが富士山に登るんだよ。」という先生の言葉に「えー!」「シニアさん頑張れ!」とシニアさんへの憧れを深め、それと共に来年、自分達が登るんだという目標を持ちました。その中、宿舎前の山中湖で白鳥に遭遇し大興奮の子ども達。真っ白な白鳥に感動しつつも、思った以上に大きい白鳥にびっくりしていた子どもたちでした。

セミジュニア
いつもよりも大きな荷物を背負ってきたセミジュニアさん。参加者全員、泣くことなくお家の方に「バイバイ」をしました!大きなバスに乗り込み、パインズパークへ。森を探検!松ぼっくりを見つけ思わず拾う子ども達。松ぼっくりをボールにしたり、ごはんにみたてて遊んだり、先生たちが吹いたシャボン玉を追いかけたり、割ったりと思いっきり遊びました!!その後、お家の方が用意してくれたお弁当を食べ、お昼寝をしました。体をたくさん動かした子ども達は、木陰のブルーシートの上で風に吹かれながら気持ち良く横になっていました。宿に戻り先生達の力を借りながらも、自分達で身の回りの準備をしていました。夜は、日中に思いっきり体を動かしたこともあり、みんな泣かずにすんなり寝る事ができました。

2日目

シニア
朝早くに起き富士山へ。スバルラインにのっていくと、雲がどんどん下へ見えていき、「え?なんで?雲の上にいる〜!」とみんな興奮していました。5合目へ着き、いよいよ登山開始!「思ったより楽勝!」や、「きつい〜」などと沢山声が飛び交いながらも、自分だけではなく、辛いお友達の手を引いてくれたり背中を押してくれたり、声をかけてくれたり、自分達で行動する子ども達を見て、嬉しくなり感動しました。中には2人の手を引いてくれる子もいました。最後は軍手を付け、大きな岩を登りきりゴール!!頂上まで「行きたーい!!」と、更に上の目標を掲げる子も!泣いている子もいましたが、絶対足を止めることなく一生懸命頑張り、登りきることが出来ました!この日も自分達の力で成し遂げ、子ども達は達成感を感じたようでした。帰りのバスはみんな疲れたようで、ぐっすり眠っていました。そして夜は楽しみにしていた、キャンプファイヤー!みんなワクワクが止まらず、沢山練習したスタンツやお歌、ダンスで盛り上がり、最後は大きな花火を見て子ども達はとっても嬉しそうでした。スタンツを見て涙してくださった保護者の方もいらっしゃり、子ども達の思いや頑張りが伝わっているなと子ども達の力の大きさ、成長をすごく感じました。

ミドル
山水荘の前から山中湖1周がスタートしました。大きな山中湖を眺め、途中で休憩や水分補給をとりながら頑張って歩きました。途中の地図で現在地を確認し、「ここまで来た〜!あと少しだ〜。」と言っていました。疲れてきたお友達の手を引いてあげたり、助け合う姿も見られました。ゴールには園長先生が待っていてくれ、たくさん褒めてもらいました。夜は楽しみにしていたキャンプファイヤー。大きな声で元気よく歌を歌い、シニアさんのスタンツを真剣に見ていました。最後に花火を見て、大興奮の1日の締めくくりとなりました。

セミジュニア
山中湖を大きな白鳥(白鳥の湖号)に乗って散歩してきました。残念ながら、富士山は雲がかかっいて白鳥の湖号から見る事は出来ませんでしたが、先生に「湖の周りをミドルさんが頑張って歩いているよ」と聞き、「ミドルさんはどこにいるかな~」っと探していました。そして宿に戻り、お土産製作!みんな上手に色ぬりをし、お家の方が恋しくなりながらも、家に帰ってあげるのを楽しみにしている様子でした。夜はキャンプファイヤー!“悪者”の登場に驚きながらも先生たちによるショーを、食い入るように見ていました。いがたに火がともると、幼稚園で一生懸命覚えたお歌と踊りをとても楽しそうに歌って踊っていました。最後の打ち上げ花火も「わぁ〜!」っといいならがら目を輝かせていました。明日、お家に帰れることを伝えると「やったー!」と喜びながら、すぐにお布団ですやすやと眠っていました。

3日目

シニア
いよいよクロスカントリー!朝からやる気満々、勝つぞと意気込みを口々にしていました。子ども達の顔がイキイキしていました。緊張している子、不安になっている子それぞれでしたが、自分達の持っている力を全部出し切り全員でバトンを継ぎました。目指していた、優勝には届きませんでしたが、子どもたちは全力で頑張り、やり切った顔をしていました。勿論悔しい思いは皆あるので、“必ず次回に繋げる!”“次は絶対勝つ!”と子どもは次回への意気込みを話していました。悔しい思いをした子どもたちは更に強くなるはずです!3日間通して、1年前はできなかったことが出来るようになったり、色んな感情、気持ちが出てきて子どもたちの成長を沢山感じました。

ミドル
最終日は、湖畔でマラカス作りをしました。「お母さんにあげるの!」「大きい貝殻ないかな~」などと口にしながら、貝殻や綺麗な石を拾ってペットボトルに入れ、回りには絵を描きました。その後は、楽しみにしていた『白鳥の湖号』に乗って山中湖を1周しました。「面白い音がする♪」と湖畔で作ったマラカスを振りながら、「この周りを歩いたんだよね~」と改めて自分達の成し遂げた大きな目標を振り返り、どこか誇らしげな子どもたちでした!

セミジュニア
宿から少し離れた湖畔へ歩いていきました。3日目というのもあり疲れが見え始めてきましたが、しっかりと自分の足で歩いて行くことができ、他の園のお友達とも仲良く遊んでいる姿が見られ、この3日間で強く逞しく成長しことを感じられました。最後にはすいか割りをしました。みんなで力合わせて割ったスイカはとっても甘くて美味したかったです。二泊三日、お母さんとお父さんと離れて寂しくて泣いてしまった事もありましたが、とってもよく頑張っていました!!

今回のキャンプに参加いただき、お手伝いいただいた保護者の皆様、本当に有難う御座いました。

 

ジュニアサマーキャンプ

ジュニアサマーキャンプ in 群馬県  嬬恋村
2018.7.13~15
ジュニアサマーキャンプのスタートです!
1日目
心配する保護者をよそにほとんど泣かずに観光バスに乗り込んだ子どもたち。吾妻峡に到着して散策を楽しんだ後、みんなでお家の方が用意してくれたお弁当を食べました。宿に到着し、仲間みんなで大きいお風呂に入ったことに大興奮!!楽しかったのと、1日の疲れもあり、お部屋ではハイテンションの子ども達でした。。。その後の開村式で「これから、3日間みんなでがんばりましょう。」というお話を聞き、宿の方に「お願いします!」とあいさつをしました。夜も広いお部屋に布団を敷き詰め、みんなで寝ました。「ママに、今日は早く迎えに来てねって言ったのになぁ」っと言う子もいましたが、疲れたのか、泣かずにぐっすり夢の中へ。
二日目
予定時刻よりみんな早く起床!朝から元気いっぱいのジュニアさんでした。朝ごはんももりもり食べて、食器下げも自分たちで行いました!そして、いざキャベツ畑へ出発。友達と手を繋ぎ、青空の下を歩きました。キャベツ畑が見えると「これキャベツ?」「いっぱ~い」っとまだ丸いキャベツになる前の状態を不思議に思いながら見ていました。宿に帰って来てからは、製作をしました。山に囲まれた宿、さっき見てきたキャベツを思い出しながら折り紙を張り付け、シールラリーは、”お泊まりできたんだ”という実感を噛み締めながら嬉しそうにシールを貼っていました!
そして、二日間頑張ったご褒美のキャンプファイヤーの時が来ました!この時を楽しみに頑張ってきたジュニアさんは、今か今かと入場の時を待っていました。そして、全園のジュニアさんで大きな輪になり手を繋いで”仲間”を意味する「BUDDY」という合言葉を教わりました。そして、先生たちによるショーが始まると食い入る用に見て、火の神様が倒れてしまうと「頑張れー」と応援する声も聞こえました。そして、全園の子どもで手を繋ぎ、教わった合言葉を大きな声でいいました。「BUDDY!」というみんなの大きな声が伝わり、火の神様も立ち上がりました。その後、神様が火を灯し、みんなでバディで練習してきたキャンプソングを歌いました。楽しい時間はあっという間に、過ぎいよいよクライマックスの打ち上げ花火!「ドーン!!」と上がると、子どもたちは目を輝かせながら「わーー!」と歓声を上げました。子どもたちの顔を見ると、どこか自信に満ち溢れ、一回りお兄さんお姉さんになった顔をしていました。その夜は、明日お家の方に会うのを楽しみに、あっという間に夢の中に入りました。
3日目
「今日はおうちに帰る日ー!!」っと朝からウキウキの子どもたち。閉村式では3日間お世話になった宿の方に大きな声で「ありがとうございました!!」と挨拶をしました。2日前の「お願いします!」と挨拶をした時と比べるとすごく格好よく、しっかりした姿に見えました!!その後、前日の夜に宿で見つけたクワガタと共に公園に行きました。公園でお弁当を食べた後は、おうちに持って帰るお土産を拾い、意気揚々と帰路に着きました。はるひ野に着き、バスの中から「ママ・パパいたー!」と大興奮!!バスを降りてみんなで並び「ただいま~!!」保護者の顔を見て安心し、泣いてしまう子もいましたが、2泊3日みんなよく頑張りました!!