作品展示会

子ども達が、およそ1か月間を掛けて、画用紙や半紙以外は、全て廃材を利用し、世界にひとつだけの作品をつくりました。廃材。言ってしまえば、一つ一つはゴミとなるものですが、それをひとつの作品に仕上げるまでには、想像力を働かせ、色をつけ、形を変形させ、仕上げを行い、完成させるという作業工程があります。ここに至るまでには、幼稚園児には、大変な苦労の連続です。だからこそ作品の一つ一つには個性があり、魅力があるのだと思います。

広告